プロフィール

こんにちは。高村です。

ブログを御覧いただきありがとうございます。
 
 
1988年にプロ入りしてからツアー転戦後
2000年頃にレッスンの仕事へ転向しました。

その頃、友人からパソコンを教わりネット上でレッスン日記を始めたんですね。

見てくれる生徒さんも増えてきたので
BBS(掲示板)も開設したりブログへと移行していきました。

私のゴルフやレッスンの考えを知ってもらい
生徒さんからもフィードバックをもらいながら
進めたことで理解してもらいやすく感じました。

結婚、出産を機にそれまでのスクールを辞めることになり
同時にブログも閉鎖したのですが
今回、新たに始まったこともありブログを再開してみました。

(昔読んでたよという方、メールくださいませ!^^)

ここでは自分に合ったゴルフの楽しみ方や上達のヒント
またこれからゴルフを始めたいと思っている人や
お子さんにゴルフを一緒に楽しみたいと思っている保護者の方
定年を迎えてゴルフを楽しみたいと思っている方にも
ゴルフゲームが楽しめるように
パターから始めるゴルフを参考にしていただければと思います。

 
 
まずは私がこれまでどういうゴルフを教わって
またどういうレッスンをしてきたのか
簡単に自己紹介をさせていただきますね。


(5歳の頃、新宿にあった日本テレビゴルフガーデンにて) 

TAKAMURA ASAKO

1968年  東京・代々木に生まれる
1973年  5歳 ゴルフを始める
1979年  11歳、初めて70台でまわる
1980年  アメリカのティーチングプロに師事(故チャック・キャンベルプロ)
1982年  オールジャパンジュニア3位
1985年  寺下郁夫プロに師事
1988年  20歳 プロ入り
       国内外ツアー転戦
2000年  レッスンに転向
       コーチングを取り入れたレッスン
       NHK文化センターゴルフ教室講師などを経て
       39歳までに延べ人数3万人をレッスン
2006年  週刊ゴルフダイジェストの日本の名コーチ100選に掲載
2008年  三島市でスクールを運営
2017年  現在は沼津市でパーソナルレッスンを中心に活動中

—————–

レッスンへの思い

私は5歳からゴルフを始めたんですが

当時は子供用のクラブなんて現在のようになかったので

上の画像のように父の4番ウッド(バッフィー)を短く切って使っていました。

父は千葉県のゴルフ場のクラブチャンピオンを獲るほどの腕前でしたが

「オレのは自己流だからだめだ」

と小学5年生のときにチャック・キャンベルプロに教わるようになりました。

合気道と空手で黒帯だった父は厳しい人でしたが

キャンベル先生はとてもやさしくわかりやすく教えてもらえました。

父には細かい動作を直そうとされていたのでできなくて嫌になることも

あったのですがキャンベル先生には

スイングや考え方をシンプルにすることでゴルフが楽になった気がします。

その後、プロになるために入ったゴルフ場で寺下プロに教わります。

子供の頃から体は弱いほうで食も細く夏場は脂っこいものが食べれず

クラブハウスで雑炊を食べているのをみて

「病人かっ」と叱られ

食事ノートを作って記録するように言われたり厳しく指導されました。

一番つらかったのはグリップとスイングを大きく変えたことでした。

飛ばなくなり

当たらなくなり

今までのこと全部無駄だったんじゃないか

小学生の時より下手になってる

そんな気持ちになったときもありました。
 
 
なので、当たらなくなる気持ちや上手くならない気持ちが

よくわかります。^^
 
 
その後、寺下プロの指導のおかげでプロになることができ

試合に出ることを辞めたあとに

レッスンの仕事をすすめてくれたのも寺下プロでした。

おかげでたくさんの素晴らしい人たちと出会い、生徒さんたちにも恵まれました。
 
 
友人であったり師匠であったり

試合で応援してくれていた人たち、生徒さんたち

これまでに出会った人たちが私の可能性を信じてくれました。
 
 
可能性を信じてくれる人がそばにいる

それがどれだけ大きな力になるかを感じてきました。
 
 
私の残りのゴルフ人生も信じる側であり続けたい。

私を信じてくれてきた人たちのためにも
ゴルフを通じて恩返しができればと思います。
 
 
 
このブログでご縁を持った

あなたのゴルフライフがより素晴らしいものになりますように。。。